HOME  >   全イベント一覧  >   トヨタ産業技術記念館、ノリタケの森、そして名古屋城

トヨタ産業技術記念館、ノリタケの森、そして名古屋城

 

名古屋が世界に誇る産業施設を見学し、シンボル名古屋城に至る、充実の半日コース

 
 

初冬の名古屋。 いずれも駅からのアクセスがよく、名古屋が世界の誇る「トヨタ産業技術記念館」と「ノリタケの森」をゆっくりと見学した後、名古屋城に移動。城内や新しくできた「金シャチ横丁」、近郊にある「文化のみち」などを自由に散策して頂ける、充実の半日コースです。 ☆スケジュール(予定)☆  10:30   JR名古屋駅集合  11:00   移動(観光ルートバス「メーグル」利用) 名古屋駅⇒トヨタ産業技術記念館         (ガイドによる)トヨタ産業技術記念館見学  12:30   昼食(記念館内のレストラン(貸切))  13:30   移動(「メーグル」利用) トヨタ産業技術記念館⇒ノリタケの森         施設内見学  15:00   移動(「メーグル」利用) ノリタケの森⇒名古屋城  15:30   自由解散         以降は、城内見学や市バスを利用して「文化のみち」などを自由にご見学下さい。   ※ トヨタ産業技術記念館   トヨタのルーツは、豊田佐吉が発明した動力織機を使った繊維工業です。佐吉から喜一郎へ   引き継がれ、巨大な自動車企業へと成長したトヨタグループ。その発祥の地に残されていた工場   を産業遺産として活用し、トヨタの繊維機械と自動車を中心に、楽しくわかりやすく展示公開し   ています。「行ってよかった工場見学」で常に上位にランキングされる人気施設です。      ※ ノリタケの森   「ノリタケチャイナ」として世界に知られるノリタケカンパニー。そのノリタケの工場跡地の   約40%、ほぼ東京ドームの面積に匹敵する広さを使って作られた、企業博物館と公園の複合   施設。広大な庭園を愛で、陶磁器製造工程やオールドチャイナが見学できるほか、直営店での   買い物も楽しめます。      ※ 名古屋城   家康によって創建された、名古屋のシンボル名古屋城。戦災で焼失した天守閣は昭和34年に   再建。本丸御殿もほぼ全面公開されています。但し天守閣は、現在改装のため閉鎖中です。   ※ 金シャチ横丁   初代尾張藩藩主徳川義直と、七代藩主徳川宗春の名前を冠した「義直ゾーン」や「宗春ゾーン」   を中心とした大型飲食施設です。          ※ 文化のみち   名古屋城の東側に位置し、日本の女優第一号といわれる川上貞奴の居宅を移築した「二葉館」   や陶磁器商、井元為三郎の旧邸宅「撞木館」などがある文化街です。 参加費について   1.参加費には、名古屋駅から「トヨタ産業技術記念館」「ノリタケの森」「名古屋城」への     移動費と入場料及び昼食代を含みます。名古屋駅迄の新幹線代等は含まれていません。     また名古屋城での自由解散後、市バスや市営地下鉄以外で移動する場合は自費負担となり     ます。   2.65歳以上の方は、「トヨタ産業技術記念館」「ノリタケの森」の入場料が無料となります。     必ず、年齢が証明できる免許証や健康保険証などをご持参下さい。     65歳以上のご参加費は、正会員3,500円(準会員他は4,000円)です。  ★★★マイページをまだ作成していない方へ★★★ 下記メールアドレスでもイベントを受付しておりますので、直接下記をクリックし、メールでお申込みください。 eventsanka@shingeneki.com  ※イベント名・氏名・お連れ様(いらっしゃれば)・電話番号を明記してください。        

詳細情報

イベント名 トヨタ産業技術記念館、ノリタケの森、そして名古屋城
講師
対象者 全員可
開催日時 2018年12月7日(金) 10:30~15:30
場所
参加費 正会員:4,200円  準会員:4,700円  一般参加者:4,700円  
上記は、65歳以下の方が参加される場合の費用です。
支払い方法⇒ 当日徴収いたします。
キャンセルについて⇒ 12月5日以降、食事代分のキャンセルフィーが発生します。
定員  
参加条件
備考

申込みにはログインが必要です。