HOME  >   グループ活動  >   教育・自己啓発  >   近現代史懇談会

近現代史懇談会

 

 当会は毎月一回、第二火曜に田町の本部事務局会議室で近現代史懇談会の例会を開催しています。

当会の活動の趣旨は、直下の【活動目的】から下の項目を参照ください。

会の案内

 例会では原則として毎月、二件の講演発表を行っています。開催時間は第二火曜日の午後二時から五時までとします。はじめの一時間は当会員によるフリートークです。メイン講演は三時から五時まで、外部講師をお迎えした講演を実施するか、あるいは当会員による別件の講演を行っています。講演終了後は講師を囲んだ反省会を、駅前の別会場で懇親会を行っています。こちらへの参加もお待ちしています。

 本会の定期的な例会の内容を最下段に紹介しています。お手数ですが最下段までお下がり頂きますと、次回開催の講演内容と、前回開催した先月分が確認できるようにしてあります。

本来の最下段の紹介の説明項目の見出しをクリックして頂いても、そこからも詳細説明内容に移行します。移行した説明ページの最後の部分に記載された『こちら』をクリックすれば、本会への参加申込が出来る書式から参加申請ができます。皆様のご参加をお持ちしています。
各種歴史資料を参考に各自の研鑽、発表及び外部講師の知見を加えお互い切磋琢磨しながら歴史観を育んでいます。

【活動目的】

 戦後70年を経過し、続々と秘密であった歴史資料が公開されている。当会は各国から公開された各種の極秘資料等を考察をしながら、わが国の近現代史に重点を置き、幅広い分野での歴史を勉強する会です。
 これまでは知ることの出来なかった近現代史資料を全員が勉強し、得られた知識を当懇談会での発表の機会を利用しながら、自由奔放な意見交換から疑問の解消に役立てる場にしたいと考えます。
 そのために著名講師の歴史講演を通じ、会員の歴史知識と見識の向上に努めています。

【具体的な活動】

 例会は毎月第二火曜日14時より定期的に開催しています。新現役ネットのメールマガジンで開催をお知らせしておりますので初めての方は新現役ネットにご登録下さい。

【参加会費】

年会費1000円、別途会員の参加費1000円、非会員1500円/回

【開催時間】

午後3時より5時 (講演終了後:例外を除き別会場にて講師を囲み懇談会を開催します。)
         (会員によるフリートークが2時-2時40分にあります)

          

【お問合せ及び参加申込】

下記「メール」をクリックして、問い合わせおよび参加申込をお願いします。

【過去の講演概要】

最近の講演内容は下段に月ごとの案内があります。御参照ください

本会の講演例会は143回目を迎えます。

 

近現代史懇談会 イベント一覧

開催日:2017年06月13日(火)
講演内容『ヒットラーとわが闘争』講師 佐瀬昌盛 先生

開催日:2017年05月09日(火)
講演内容『三島由紀夫と憲法改正』講師 富岡幸一郎先生

開催日:2017年04月11日(火)
講演内容:『経営現場から見た日本』講師 赤尾由美先生

開催日:2017年03月14日(火)
講演内容:『2017年を日本の曙(あけぼの)の年としよう』加瀬英明先生

開催日:2017年02月14日(火)
講演内容:『米中の新時代と日本のこれから』河添 恵子先生

開催日:2017年01月10日(火)
講演内容:『士魂 ― 福澤諭吉の真実』 渡辺 利夫 先生 拓大顧問 前総長

開催日:2016年12月13日(火)
講演内容:『我が国を守る自衛隊(自衛官)がなくなれば誰がこの国を守るのか』林直人先生

開催日:2016年11月08日(火)
講演内容:『最後の将軍慶喜の弟・昭武(13歳)が、ナポレオン三世からパリ万国博になぜ招かれたか』 福岡 澄子先生

開催日:2016年10月11日(火)
講演内容:『日米開戦 陸軍の勝算―「秋丸機関の最終報告書」』 林 千勝先生

開催日:2016年09月13日(火)
講演内容『アメリカ側から見た東京裁判史観の虚妄』 講師 江崎 道朗 先生

開催日:2016年08月09日(火)
講演内容『杉原美談の偽史と日本のユダヤ人救出』 講師:落合道夫(当会員)

開催日:2016年07月12日(火)
講演内容『国と自然を守るということ』 講師:葛城 奈海 先生

開催日:2016年06月14日(火)
講演内容『朝日の皇室用語について』 講師 : 佐瀬 昌盛 (防衛大名誉教授)

開催日:2016年05月10日(火)
講演内容『孫たちに伝えたい日本・日本人の素晴らしさ』 講師:小野寺 満憲氏

開催日:2016年04月12日(火)
講演内容:『日本の立て直しを古典に学ぶ』について 講師 :岩越 豊雄 先生