HOME  >   全イベント一覧  >   花講座「神話にも登場・美術画にも描かれるユリの魅力」              

花講座「神話にも登場・美術画にも描かれるユリの魅力」              

 

~形・色・香りすべてに突出した花、ユリのルーツとは~
菅原啓之さん(森林インストラクター)

 
 

ユリ属の球根植物は世界には約100種、日本には16種が自生しそのうち8種類が固有種で、ユリの宝庫と呼ばれています。中でもヤマユリは江戸時代後期ヨーロッパに輸出され「世界で最も美しい花の一つ、金色の筋の入った女王」として驚嘆をもって紹介され、人々を魅了し続けてきました。明治期には球根が年間数千万個も横浜から輸出された記録が残り、全輸出額の90%を超えていたようです。 現在はオリエンタルハイブリッド系のカサブランカとして改良され世界の多くの人々に愛されています。 ユリは古代ギリシャやエジプトの壁画にも描かれ、神話の中にも登場します。西洋美術のなかでルネッサンスの頃まではイエスキリストの生誕にまつわる「受胎告知」にはパレスチナ原産のマドンナリリ―が描かれるのが一般的でした。現在は日本のテッポウユリの方が丈夫で、花の重量感などで一層優れているし、葉も美しいことが分かってからマドンナリリーはもっぱら庭植えするようになり、切り花には日本産のテッポウユリが使われるようになったようです。 オリエンタルハイブリッド系、アジアティックハイブリッド系、ロンギフロラムハイブリッド系などの園芸種のほとんどが日本産を原種としています。  日本の固有種、、ヤマユリ、サクユリ、スカシユリ、テッポウユリ、ササユリ、オトメユリ、他自生種のそれぞれの特徴、合わせてユリの文化、歴史などをご紹介いたします。 ユリは花の形状、色、芳香、これだけ特徴の豊かな花も珍しいと言われています。ユリの魅力を改めて探ってゆきます。 参加の形は2つ ①新現役ネット会議室で、講座に参加する(定員は16名) ②ご自宅のパソコンやスマートフォンで講師のお話を聴講できます。(「Zoom」にて配信します。Zoomについて導入のご質問は事務局までお問い合わせください) ◆zoom参加の場合はお申込み時に明記ください。 ◆Zoom参加の方は事前振込をお願いします。  ①paypay ⇒ 当日入室の際、決済ください。  ②振込先 ⇒三菱UFJ銀行・丸の内支店(普)0007121 口座名:特定非営利活動法人新現役ネット  ※振込の際はお名前の前に参加日を入れてください(例:7月20日⇒0720お名前) ★マイページを作成していない方は下記より申し込み可能です。 ・電話で申込み TEL:03-5730-0161 ・FAXで申込み FAX:03-5730-0162 ・メールで申込み eventsanka@shingeneki.com ※イベント名を明記して、氏名・住所(登録済会員は会員番号)・電話番号を明記してください。

詳細情報

イベント名 花講座「神話にも登場・美術画にも描かれるユリの魅力」              
講師 菅原啓之さん(森林インストラクター)
対象者 全員可
開催日時 2021年8月26日(木) 14:00~15:30
場所 新現役ネット田町会議室
参加費 正会員:1,000円  準会員:1,500円  一般参加者:1,500円  
支払い方法:
キャンセルについて:
定員  
参加条件
備考

申込みにはログインが必要です。