HOME  >   全イベント一覧  >   湘南探訪「重要文化財・一条恵観山荘と浄明寺の紅葉」

湘南探訪「重要文化財・一条恵観山荘と浄明寺の紅葉」

 

鎌倉・緑が育んだ文化と歴史(15名限定)
菅原啓之氏(森林インストラクター)

 
 

平成29年6月より庭園部分が一般公開されたばかりの、旧一条恵観山荘は田舎屋風建築の野趣と随所にみられる雅やかな意匠とが融合する大らかな空間を作り出しています。アカマツ、コケ、モミジを中心にしたシンプルな京都風庭園は、季節ごとにどこから見ても美しく見えるように造られています。鎌倉五山第五位の臨済宗の古刹、浄妙寺では枯山水の庭園を眺めながら、季節の草花を楽しみます。 摂政・関白を二度務めた一条恵観(兼遐・昭良)は後陽成天皇の第九皇子であり、往時は京都西賀茂、緑の濃淡が幾重にも連なる里山に建つ一条家別邸の離れとして山荘を擁していました。 恵観公の没後、一条家から分かれた醍醐家がその別邸を継承。様々な時代を経て、昭和34年、鎌倉の地に移築されました。その後、移築を指揮した堀口捨己博士の研究により、昭和39年には国の重要文化財に指定。昭和62年には現在の地へ再び移され、同時に往時の庭や、天皇をお迎えするための御幸門も復元されました。 一条恵観山荘庭 御幸門 外から見るとわびた民家風の建物ですが、内部は雅な造作が散りばめられています。かやぶきの下に杮葺き屋根がある珍しい2重構造、中は数寄屋造りになっています。今回はさりげなく贅をつくした山荘内を特別にご案内いただきます。滑川沿いの枯山水の庭園では見事な紅葉が見られることでしょう。 山荘内は限られた人数のご案内となりますので15名限定となります。 ・JR鎌倉駅<西口>改札を出た所(10:00)→バスにて浄妙寺→浄妙寺→一条恵観山荘→バスにて鎌倉駅12:30頃→*歩行距離約3km(歩きやすい靴で参加してください) *雨天の場合は多少のコース変更あり *昼食場所:(13:00頃)  ★★★マイページをまだ作成していない方へ★★★ 下記メールアドレスでもイベントを受付しておりますので、直接下記をクリックし、メールにてお申込みください。 eventsanka@shingeneki.com  ※イベント名・氏名・お連れ様(あれば)・電話番号を明記してください。

詳細情報

イベント名 湘南探訪「重要文化財・一条恵観山荘と浄明寺の紅葉」
講師 菅原啓之氏(森林インストラクター)
対象者 全員可
開催日時 2018年11月26日(月) 10:00~14:30
場所 集合場所:鎌倉駅西口改札を出たところ10:00集合
参加費 正会員:5,500円  準会員:6,300円  一般参加者:6,300円  
支払い方法:当日徴収:一条恵観荘(入場料+ご案内1500円含む)、昼食、講師料を含む(バス代は各自負担)
キャンセルについて:
定員  
参加条件
備考

申込みにはログインが必要です。