HOME  >   全イベント一覧  >   邦楽ワークショップ 第一回「小唄」

邦楽ワークショップ 第一回「小唄」

 

邦楽を楽しむシリーズの第一回。近くて遠い小唄の世界にご案内します。
松尾春充氏(井筒寿美春=井筒会師範名取)

 
 

「小唄」は江戸庶民に人気があり、江戸小唄とも云います。端唄から派生した小編歌曲で、唄と三味線によって演奏されます。長唄・浄瑠璃・清元など、さまざまな邦楽の要素が入っている、洒脱と粋が身上の奥深い音楽です。歌詞は短くテンポが速く、三味線は爪弾きで演奏します。 「小唄」や「長唄」、または謡、琴・尺八といった邦楽の諸芸は、つい数十年前までは良家の子女や文化人のたしなみとして、あるいはお座敷芸として伝承されてきました。 そうした邦楽の歴史や、思いの外の親しみやすさなどをご紹介するシリーズの第一回です。 講師の松尾春充氏(井筒寿美春・新現役ネット正会員)は、お仕事の傍ら井筒寿美師について研鑽を積み、平成11年名取となり(現在は師範名取)三越劇場等への出演や、福祉施設へのボランティア出演などの活動をされています。今回は、ご自身の演奏のほか、小唄や三味線についての解説、昭和文化人の小唄を聴く(17代中村勘三郎・伊東深水・安藤鶴夫他)、そして「♬梅は咲いたか」の歌唱指導など、盛りだくさんで楽しい内容です。 「梅は咲いたか、桜はまだかいな~」、皆さんこのあとを唄えますか? ぜひ唄えるようになってください。ご参加をお待ちします。 ★★★マイページをまだ作成していない方へ★★★ 下記メールアドレスでもイベントを受付しております。直接下記アドレスをクリックし、メールにてお申込みください。 eventsanka@shingeneki.com   ※イベント名・氏名・お連れ様(いらっしゃれば)・電話番号、メールアドレスを明記してください。

詳細情報

イベント名 邦楽ワークショップ 第一回「小唄」
講師 松尾春充氏(井筒寿美春=井筒会師範名取)
対象者 全員可
開催日時 2018年7月5日(木) 13:30~15:00
場所 田町・新現役ネットA会議室
参加費 正会員:500円  準会員:1,000円  一般参加者:1,000円  
支払い方法:当日徴収します。
定員  
参加条件
備考

申込みにはログインが必要です。