HOME  >   学ぶ・楽しむ  >   第38回技術総合支援フォーラム  デジタル時代で変容する「ものづくり」

第38回技術総合支援フォーラム  デジタル時代で変容する「ものづくり」

 

~カイゼン”オタク”記者が、現場目線でかたる~
池松 由香氏(日経BP社「日経ビジネス」記者)

 
 

技術総合支援グループ(GSSG)と新現役ネットの共催フォーラムです。 (特に日本の)製造業を支える底力のひとつが「改善力」です。その改善が変わりつつあると感じ、米国GE(ゼネラル・エレクトリック)社を取材、日経ビジネス(2017年4月10日号)の特集記事に仕上げたのが、今回の講師池松由香氏です。 デジタルデータをもとに、サプライチェーン全体の効率化につなげる新たなカイゼンの潮流。 GEの最先端工場から地方の優良中小企業まで、丹念な取材から浮かび上がる新たなモノづくりの最前線をお話しいただきます。                   池松由香氏  北米毎日新聞社(サンフランシスコ)での5年間の記者生活を経て帰国。  2014年から「日経ビジネス」記者。自称「カイゼンオタク」記者。  数多くのモノづくり現場の取材を続けている。

詳細情報

イベント名 第38回技術総合支援フォーラム  デジタル時代で変容する「ものづくり」
講師 池松 由香氏(日経BP社「日経ビジネス」記者)
対象者 全員可
開催日時 2017年10月19日(木) 18:00~19:30 (終了後、懇親会を行ないます)
場所 新現役ネット 田町会議室A
参加費 正会員:1,000円  準会員:1,000円  一般参加者:1,000円  
支払い方法:当日徴収します。
フォーラム終了後、講師を囲んでの懇親会を開催します。懇親会参加の方 2000円
定員  
参加条件
備考

申込みにはログインが必要です。