HOME  >   エリア活動  >   ◆オンライン講座◆英国の人気作品を読む第3回 『ジキル博士とハイド氏』

◆オンライン講座◆英国の人気作品を読む第3回 『ジキル博士とハイド氏』

 

二重人格の代名詞ともなったスティーヴンソンの怪奇小説
コーディネーター:松山 献氏

 
 

作品にちりばめられた名言をとり上げ、作品における意味合いや作者の意図などを読み解きます。 関西支部の英文学サロンのコーディネーター松山献氏によるオンライン講座(Zoom)です。 今回取り上げる「ジキル博士とはハイジ氏」は映画化され、”二重人格”という言葉の代名詞にもなった小説です。 医学、法学の博士号を持つ高潔な紳士ジキルの家に、いつのころからかハイドと名乗る醜悪な容貌の小男が出入りするようになった。ハイドは殺人事件まで引起す邪悪な性格の持主だったが、実は彼は薬によって姿を変えたジキル博士その人だった!人間の心にひそむ善と悪の闘いを二人の人物に象徴させた作品を、是非ごいっしょに読んでみましょう! 作品は1886年1月出版、その後原作をモデルにした映画作品、小説などが多数出ています。   ←映画(1931年米)より 2021年度隔月奇数月に実施です。(6回コース一括の場合は特別価格有) 【開催月と採り上げる作品】 5月19日(水):『ジキル博士とハイド氏』     二重人格の代名詞ともなったスティーヴンソンの怪奇小説。 7月:『ポッサムおじさんの猫とつき合う法(キャッツ)』     T・S・エリオットが子供向けに書き下ろした詩集。人気ミュージカル「キャッツ」はこの詩集から生まれました。 9月:『ロシアより愛を込めて』     007の生みの親、イアン・フレミング5作目の小説。ショーン・コネリー主演の映画は、大評判となりました。 11月:『オリエント急行殺人事件』     ミステリーの女王、アガサ・クリスティの代表作の一つ。 <終了講座> 1/25(月)『シャーロック・ホームズの冒険』(コナン・ドイル) ⇒ 終了      3/10(水)『ピグマリオン(マイフェアレディ)』 ⇒ 終了              ※ご参加に事前のご準備は特に必要ありません。 ◆会費は事前入金でお願いします。  体験、単発参加:正会員1000円 準会員他は1500円  6回コース一括:正会員5,000円、準会員7,000円 (1回目参加されていない方はテキストをメールにて送信いたします。)      ※資料代を含みます(資料は、毎回お手元に送信いたします)     ⇒入金確認の上、Zoomご招待メールを実施前日までにお送りします。     ⇒講座では、共有画面でテキストを使用、解説をいたします。      ※パソコンにカメラがなくても大丈夫です! ☆コーディネーター☆  松山献氏    1956年大阪市生まれ。大阪外国語大学卒業。    日本大学大学院博士後期課程単位修得満期退学。博士(総合社会文化)。    専門は、E.M.フォースター研究。  ★★★マイページをまだ作成していない方へ★★★ 下記メールアドレスでもイベントを受付しておりますので、直接下記をクリックし、メールにてお申込みください。 eventsanka@shingeneki.com  ※イベント名・氏名・お連れ様(いらっしゃれば)・電話番号を明記してください。

詳細情報

イベント名 ◆オンライン講座◆英国の人気作品を読む第3回 『ジキル博士とハイド氏』
講師 コーディネーター:松山 献氏
対象者 全員可
開催日時 2021年5月19日(水) 13:30~15:30 13:20より入室受付
場所 ご自宅など
参加費 正会員:1,000円  準会員:1,500円  一般参加者:1,500円  
支払い方法
1.paypay ⇒ 東京本部、関西支部にて決済ください。
2.振込先  ⇒ 三菱UFJ銀行・丸の内支店(普)0007121 口座名:特定非営利活動法人新現役ネ 振込人の前に0519(講座日)をお付けくださいませ。

※キャンセルについて ⇒ 前日までにお願いいたします(メール、電話でも可)。
定員  
参加条件
備考

申込みにはログインが必要です。