HOME  >   エリア活動  >   【関西】第10回 東洋医学でセルフケア!「膝痛対策」 ツボを学ぼう!

【関西】第10回 東洋医学でセルフケア!「膝痛対策」 ツボを学ぼう!

 

~ココロとカラダをここちよく~
森亮憲氏(森鍼灸院院長・産業カウンセラー・工学博士)

 
 

【今回のテーマ】膝痛(スポーツや日常生活での膝痛を緩和しよう) 日常的に膝が痛い、スポーツをすると痛くなるなど、膝の痛みでお困りの方も多いと思います。膝痛があると、身体を動かすのが辛い、歩くのが大変など、日常生活にも支障をきたします。 この教室では、東洋医学に基づいて膝痛に効果的なツボ、ツボの探し方、お灸の使い方を鍼灸師が説明し、指や爪楊枝、お灸を使ってご自身でツボを刺激します。もちろん鍼灸師がわかりやすくサポート致します。 【こんな方におススメ】 ・膝痛でお悩みの方 ・スポーツをよくする方 ・お灸に興味がある方 ・自分の健康を自分で管理したい方 ・ツボに興味があるけど、ツボの場所がわからない方 ・東洋医学や鍼灸に興味がある方 【本セミナーの特徴】 • 膝痛に対してツボを使ったセルフケアができるようになります。 • 爪楊枝を使ったツボ刺激グッズを作ります。 ◦ 爪楊枝は持ち帰って、日々のセルフケアにお使いください。 • 指や爪楊枝を使って、ご自身のカラダのツボを刺激します。 • 東洋医学の基本的な考え方を知ることができます。   東洋医学とは、鍼灸やあんま、マッサージ、指圧など、東洋起源の伝統医学を指します。現在では、東洋医学が西洋医学による治療現場にも導入され、一層の広がりを見せています。東洋医学は、従来から西洋医学では対応しにくい症状に活用されてきました。脳科学や体内の化学物質を分析する手法の発展によって、東洋医学の科学的な効果が確認されつつあります。 【持ち物・服装など】   特にご準備いただく持ち物はありません。   お灸をしますので、肘から先、膝から先が出せる服装でお越しください。 【講師のプロフィール】   森 亮憲氏    ・1976年生まれ、大阪市出身、大阪市在住    ・鍼灸師(森鍼灸院)、産業カウンセラー、博士(工学)    ・関西プロボノの会「KICOKA33」所属    大学院を修了後、研究所や企業でIT関係の研究開発業務に従事した経験の持ち主。    ココロとカラダを含めた人間全体を診る鍼灸に興味を持ち鍼灸師になる。    また、メンタルヘルスにも興味があり、産業カウンセラーの資格を取得。    カウンセリングと鍼灸を組み合わせて、お悩みを聴きながら治療をしている。  ★★★マイページをまだ作成していない方へ★★★ 下記メールアドレスでもイベントを受付しておりますので、直接下記をクリックし、メールにてお申込みください。 eventsanka@shingeneki.com  ※イベント名・氏名・お連れ様(いらっしゃれば)・電話番号を明記してください。

詳細情報

イベント名 【関西】第10回 東洋医学でセルフケア!「膝痛対策」 ツボを学ぼう!
講師 森亮憲氏(森鍼灸院院長・産業カウンセラー・工学博士)
対象者 全員可
開催日時 2019年5月10日(金) 10:00~11:30
場所 大阪市中央区淡路町3-5-13 創建御堂筋ビル2F会議室 各線淀屋橋駅徒歩3分 各線本町駅徒歩4分
参加費 正会員:2,500円  準会員:3,000円  一般参加者:3,000円  
支払い方法:当日現金にてお支払いください
キャンセルについて:前日までにお願いいたします。
定員  
参加条件
備考